コンテンツ
診療案内

【診療時間】平日10:00〜19:00 土日9:00〜17:00

close
歯科全般の治療

虫歯治療・根管治療

虫歯とは

虫歯は歯に溜まった歯垢(プラーク)の中にいる虫歯菌(ミュータンス菌)が糖(甘い食べ物)を餌にした時に出す酸によって歯が溶かされ穴が開いて、歯の内部に感染していく病気です。

虫歯の原因

  1. 1、酸に溶けやすい歯
  2. 2、虫歯菌(ミュータンス菌)
  3. 3、糖質、甘い食べ物

この3つに時間が経過すると虫歯が起こります。

虫歯の進行と治療

1、歯垢、プラークの形成

虫歯菌(ミュータンス菌)が歯にくっつき、歯垢(プラーク)を形成します。プラークは粘着性が強く、うがいをしただけでは落ちません。しっかり歯磨きをして擦り取りましょう。

~磨き残ししやすい部位~

  • ●歯と歯の間
  • ●奥歯の溝
  • ●歯と歯茎の境目

2、極めて初期の虫歯、白濁

歯の表面のエナメル質に薄っらできた虫歯です。白濁といって白っぽくなる事があります。極めて初期の場合には歯磨きを行う事で再石灰化して治ることもあります。削らずに経過を見ます。

3、初期の虫歯、エナメル質内の虫歯

表層のエナメル質にできる虫歯でほとんど症状がありません。虫歯の部分を最小限に削って、コンポジットレジンという白い樹脂を詰めて即日で治す場合が多いです。コンポジットレジン修復はできる限り健康な歯を削らずに修復する方法です(MIミニマムインターベーション治療)。

4、中期の虫歯、象牙質内の虫歯

エナメル質の内部の象牙質まで感染した状態です。冷たいものがしみたり、歯髄と呼ばれる歯の神経に近づいてくると温かいものや甘いものがしみるというような症状が出てきます。レジンによる治療、もしくは歯の型取りをしてインレーと呼ばれる詰め物を製作します。

5、後期の虫歯、歯髄炎(歯の神経の炎症)

象牙質から歯髄と呼ばれる歯の内部の神経に虫歯菌が感染した状態です。何もしていない状態でもズキズキ拍動するような痛みがあり、その痛みは顎から頭の方まで広範囲に感じる事があります。痛み止めのお薬を飲まないと我慢できないような状態になり、さらにひどい場合には食事や睡眠が困難になります。麻酔をしっかりして、根管治療によって歯髄(神経)の感染した部分を取り除きます。これを「歯の神経を取る」というような表現をする場合もあります。治療は数回かかります。症状がなくなり、歯の根っこに最終的なお薬を詰めるところまでできましたら、歯の頭の部分を作製していきます。通常は土台を製作してクラウンという被せ物にする事が多いですが、歯の頭が多く残っている場合には穴の部分だけを詰めて終了にすることもあります。

6、根尖性歯周炎

歯の内部の神経の部分や歯周ポケット(歯茎と歯の間の溝)を通して歯の根っこの先に細菌が感染した状態です。根管治療を行い、消毒をします。改善がない場合や歯根破折(歯の根っこが割れてしまうこと)が起きた場合には抜歯しなければならないこともあります。

虫歯を予防するには

虫歯は糖質がなければ起きません。糖が含まれる甘い食べ物をできる限り控えるようにしましょう。甘いお菓子が食べたい場合にはキシリトールなどにする事も有効です。食べ物に限らず清涼飲料水、スポーツ飲料、乳酸菌飲料、サイダーやコーラーなどの炭酸水なども虫歯の原因になりますので食生活習慣の見直しから始めましょう。
さらに大事な事が毎日の歯磨きです。毎食後、できれば間食などをした後にも磨くようにしましょう。先ほど述べた磨き残ししやすい部分を意識して磨く事が重要です。特に歯の間は虫歯になりやすいため、最低でも1日1回寝る前にフロスを使用しましょう。歯垢(プラーク)はべったりと歯にくっついているためうがいだけでは取れません。ブラシを的確に当てて20回顧する事が必要です。その時に大きく強くやりすぎると歯が削れたり、歯茎を傷めてしまうので優しくこまめにブラッシングしましょう。寝ているときに唾液が減少するために虫歯菌が繁殖しやすくなります。寝る前の歯ブラシを5分以上かけて行う事が重要です。
また、磨いた後にはフッ素ジェルやフッ素配合うがい薬などで歯にフッ素を取り込む事も重要です。
3~6ヶ月に一度の歯科医院での検診とクリーニングをしましょう。

  • ✳フッ素の3つの作用
  • 1、歯質の強化
    歯を強くして虫歯菌の酸で溶けにくくします。
  • 2、細菌の酸産生を抑制
    磨き残しで残った歯垢の中にいる細菌の酸を産生する力を抑制します。
  • 3、再石灰化の促進
    歯の表面にカルシウムやリンの再沈着を促進する作用があります。

~虫歯予防のポイント~

  • 1、甘い食べ物、飲み物を減らす。
  • 2、毎食後、歯磨きする。
  • 3、歯ブラシを的確に当てて20回以上優しく磨く。
  • 4、歯の間はフロスを行う。
  • 5、寝る前に5分以上かけて丁寧に磨いて、最後にフッ素を塗る。
  • 6、歯科医院での検診とクリーニングを行う。

抜歯になってしまったら

虫歯がひどく歯が崩壊してしまった、もしくは抜歯が適応になった場合には抜けた部分に歯を作らなければいけません。欠損部の歯の補う方法は以下になります。

1、ブリッジ

両側の歯を削り、3本の歯を繋げた被せ物を作製します。これをブリッジと言います。接着させますので、ご自身で取り外しはできません。保険治療が適応で数回で完成しますが、両側の歯を削らなければならない点と3本の噛む力を2本の歯で支えなければならない点、お手入れが重要な点などのデメリットが挙げられます。

2、インプラント

歯茎の中の顎の骨の内部にチタン製のネジを埋め込み、そのネジの上に歯を作る方法です。両側の歯を削る事なく自分の歯のように噛む事ができますが、手術が必要な点、保険外診療、骨とインプラントがくっつくまで数ヶ月待たなければならないなどの欠点があります。

3、部分入れ歯

取り外し型の部分入れ歯を作製する方法です。保険診療が可能ですが、大きく異物感があります。

4、矯正治療

抜けたスペースに歯を動かしてきてスペースを埋める方法です。出っ歯やガタガタがある場合には抜歯スペースを有効的に使って矯正治療を進める事ができます。

矯正専門サイトへ
コンテンツ
診療案内

【診療時間】平日10:00〜19:00 土日9:00〜17:00

pagetop

自由が丘シーズ歯科・矯正歯科

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-10-10 シーズビル2F

03-6421-3324(予約専用)03-6421-3325(その他お問い合わせ)

無料相談予約・お問い合わせ

日・祝

【診療時間】 平日:10:00~19:00 土日:9:00~17:00
【休診日】 水曜日・第1第3木曜日・第2第4日曜日・祝日