コンテンツ
診療案内

【診療時間】平日10:00〜19:00 土日9:00〜17:00

close
歯科全般の治療

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とはお口の中の細菌が歯と歯茎の間の溝に停滞して感染することのより引き起こされる炎症性の疾患です。歯と歯茎の間の溝が深くなったものを歯周ポケットと呼び、歯周病が進行するにつれ、このポケットは深くなり歯肉の中の顎の骨を溶かし、最終的には歯がグラグラして抜けてしまいます。サイレントディジーズ(Silent Disease)と呼ばれ、恐ろしいことに静かに症状を感じることがなく進行することもある慢性的な病気です。自然に治ることはありませんので、放置せずに歯科医院にて治療を行う必要があります。放置した場合には歯がグラグラして抜け落ちてしまうこともありますし、歯が動いてかみ合わせが崩壊することもあります。さらに歯周病は心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などの全身疾患とも関与している事が明らかになっています。歯周病の悪化によってこのような全身疾患を引き起こすこともありますので注意が必要です。また生活習慣病とも呼ばれ、生活習慣やストレス、免疫力とも密接な関係があります。

症状

  • 1、歯を磨いた時に歯茎から血が出る。
  • 2、口の中が臭い気がする。
  • 3、歯茎が痛い。むずがゆい。違和感がある。
  • 4、噛んだ時に痛い。硬いものを噛めない。
  • 5、朝起きた時に口の中がネバネバする。
  • 6、歯茎が腫れている。ブヨブヨしている。
  • 7、歯茎の色がおかしい。濃い赤色。黒っぽい。
  • 8、歯が長くなったきた。
  • 9、前歯が出てきた。歯の間に隙間ができた。食べ物が挟まる。歯並びが変わった。
  • 10、歯がグラグラする。

全身疾患との関連

1、糖尿病

歯周病との関連で最も知られているのが糖尿病です。歯周病は糖尿病の合併症と言われ、相互的に悪影響を及ぼす事がありますし、歯周病の治療によって糖尿病が改善することもあります。お口の中の細菌は歯肉の血管から全身へと入り込み、細菌の出す内毒素によってTNF-αの産生を引き起こします。TNF-αはインスリンの働きを阻害するために糖尿病が悪化する事がわかってきました。

2、誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎は高齢者に多く、食べ物や異物を誤って食道ではなく、気管に飲み込み肺炎を発症する病気です。通常はむせて咳が出て吐き出すようになっていますが、これらの機能が衰えると口の中の細菌と一緒に飲み込んでしまい、結果肺炎を起こし、場合によっては死亡することもあります。歯周病の予防によって誤って気管に入った細菌を少なく、誤嚥性肺炎になりにくくなります。

3、心筋梗塞

心筋梗塞とは心臓の冠動脈と呼ばれる血管が詰まり、心臓を動かす心筋に血液が行き渡らなくなることから、心筋が壊死を起こし症状が重い場合には死亡することもあります。歯周病の細菌の影響により血管内の沈着物が剥がれ、血管を塞いでしまう事があります。

4、脳梗塞

心筋梗塞と同様に脳の血管が詰まる事で起こる病気です。歯周病の人は正常の人に比べ2.8倍脳梗塞になりやすいという報告があります。

5、骨粗鬆症

骨粗鬆症とは骨の量が減少、また弱くなる事で骨折しやすくなる病気です。日本には1000万人を超える数の患者さんがいて、高齢な人ほどかかりやすくなります。特に閉経後の女性に多く、女性ホルモンの分泌低下が関与している事が考えられます。歯を支えている顎の骨も弱くなりますので、歯周病が悪化しやすくなります。また、骨粗鬆症の治療薬としてよく用いられるビスフォスフォネート製剤を服用した状態で抜歯などを行うと、顎の骨が壊死することもありますので注意が必要です。

原因

お口の中には約400種類の細菌が存在しています。その中に歯周病を引き起こす細菌がいます。

~主な歯周病細菌~

  • ●アクチノバチルス・アクチノマイセテムコミタンス(A.A菌)
  • ●プロフィロモナス・ジンジバリス(P.G菌)
  • ●プレボテーラ・インテルメディア(P.I菌)
  • ●スピロヘータ

プラーク(歯垢)と呼ばれる白、または黄ばんだ粘着性の沈着物が歯に付着して虫歯や歯周病を引き起こします。プラークの中には多くの細菌が住んでおり、わずか1mgの中に2億以上の細菌が存在していると言われ、強い粘着性のためうがいをしただけではプラークを除去することはできません。さらにバイオフィルムと呼ばれるバリアーのために薬剤を通さず、歯ブラシなどでしっかり機械的に剥がさなければ除去が難しい特徴があります。そのため歯ブラシをせずにうがいだけをしても効果はありません。プラークを取り除かれない状態のままにしておくと、歯石という硬い状態になり、強固に歯にくっつき、歯の表面がザラザラになります。こうなると歯ブラシでこすっても除去する事が難しくなり、歯科医院におけるプロフェッショナルなクリーニングが必要になります。プラーク同様に歯石の中にも多くの細菌が住み着き毒 素を出し、歯周病を進行させる原因となります。

歯周病の主な原因、悪化させる因子

  • 1、プラークおよび歯石
  • 2、不適合な詰め物や被せ物、義歯
  • 3、不規則な生活習慣
  • 4、喫煙
  • 5、不正咬合、ガタガタな歯並び、かみ合わせの影響
  • 6、歯ぎしり、くいしばり(咬合性外傷)
  • 7、ストレス
  • 8、全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモンバランス)
  • 9、薬の長期服用
  • 10、口の中の乾燥(唾液分泌量が少ない)、口がいつも開いている(出っ歯など)

●近年ではスマートフォン、パソコンの普及により、常に下を見た姿勢でいる事が多くなりました。このような姿勢を長時間していると唾液の分泌量が下がり、口臭や歯周病の原因の一つと考えられるようになってきました。対策としてはスマートフォンやパソコンをできる限り時間を制限するもしくは姿勢を気をつける。さらに、5分おきに首を回したり、顎の付近をマッサージする、ガムを噛むなどして唾液が出るようにする事が重要です。

歯周病の進行

1、健康な歯茎の状態

歯茎が引き締まっている。
薄くて綺麗なピンク色の歯肉。
歯と歯茎の間の溝が生理的な範囲内である。
歯磨きの時に出血しない。

2、歯肉炎

歯肉が炎症を起こし、ブヨブヨしている。
色が濃く赤い歯肉。
歯と歯茎の間の溝がやや深くなる。
歯磨きをすると出血する。
歯石や歯垢が溜まっている。

歯肉炎

3、軽度の歯周病

歯肉の色が赤黒くなっている箇所も出てくる。
歯周ポケットが深い。
歯周ポケット内部に歯垢や歯石が溜まってくる。
容易に出血する。
歯茎に違和感を感じる。
口臭を感じる。

軽度の歯周病

4、重度の歯周病

歯肉の色が赤黒い。
歯周ポケットがかなり深い。
歯周ポケット内部に歯垢や歯石が多量に蓄積している。
容易に出血する。
歯茎がむずがゆい。
口臭がひどい。
歯茎が下がり、歯の根っこが見えている。
顎の骨が溶かされ、歯がかなり揺れる。

重度の歯周病

歯周病の検査

口の中の状態を視診、触診して、口腔内の写真を撮ります。
歯茎の状態や歯周ポケットの深さ、出血の有無、歯垢、歯石の沈着具合を調べます。
かみ合わせ、歯並びや適合の悪い詰め物、被せ物の有無を調べます。
レントゲンの検査にて顎の骨や歯肉の内部の状態を調べます。
必要があればCTを撮影し、3次元的な顎の骨の状態を調べます。

歯周病の治療

1、歯周基本治療

a)ブラッシング指導

まずは歯の表面の歯垢や歯石の沈着部位を患者さんに知ってもらい、ブラッシングの効果的なやり方、フロスや歯間ブラシなどの補助的清掃用具の使用法などを説明して、ブラッシング指導を行います。歯垢の染め出しなどによって視覚的に見える状態にすることもあります。ピンクや青色に染まった歯垢がどのくらい歯ブラシで擦らないと取れないかが理解できると思います。非常に強い粘着性のために軽く数回こすっただけでは取れません。ブラシの毛先を的確に当てて細かく擦る事が重要です。できれば20回程度動かす事が理想的です。強く大きくこすりすぎると、歯がすり減ってしまったり、歯茎を傷めてしまいますので強すぎるのは逆効果です。歯ブラシは鉛筆持ちにして、優しく磨く必要があります。縦方向、横方向、円を描くように細かく20回程度磨きましょう。特にしっかり磨かなければいけない部分は歯垢がたまりやすい箇所です。歯と歯茎の境目、溝、さらに歯と歯の間、奥歯の周囲などです。歯と歯の間の清掃は歯間ブラシを用いるのが良いでしょう。歯周病が進行していて歯周ポケットが深い場合には毛先が細く歯周ポケットに入りやすい歯ブラシを使用しても良いと思います。毛の硬さは普通で力がどうしても強くなりやすい場合には柔らかめを使用してください。基本的には毎食後に磨く習慣をつけましょう。最も大事なのは就寝前の歯ブラシです。鏡を見ながら丁寧に行うようにしましょう。歯茎の血行を良くするために指や専用のツールで歯茎をマッサージすることも有効な場合があります。

●ブラッシングの要点
歯ブラシを鉛筆(ペン)持ちにする。
歯と歯茎の境目を磨く。歯間ブラシを用いで、歯と歯の間を磨く。
細かく優しく20回程度擦る。
毎食後磨く。
夜寝る前に5分以上かけて重点的に磨く。

b)スケーリング、ルートプレーニング

歯垢、歯石の除去を行い、歯の表面を滑沢で綺麗な状態にします。このように歯科医院にて特殊な器械で取り除くことをスケーリングと言います。手でカリカリと細かく取り除いていくハンドスケーラーと呼ばれる器具を用いたり、超音波スケーラーと呼ばれるお水を出しながら超音波の振動で取り除く器械を用いる事が多いです。その際に歯茎の内部に埋まっている歯石を取る場合には痛みを伴うこともありますので、必要であれば麻酔をすることもあります。歯垢や歯石を取り除くだけではなく、歯の表面または歯の根っこの表面を滑沢にすることをルートプレーニングと言います。スケーリングとルートプレーニングは同時に行われます。

2、矯正治療、補綴治療

基本治療と並行して、歯周病の要因が歯並びや噛み合わせにある場合には歯列矯正治療を行う場合があります。また適合が悪く、歯周病の原因となるような詰め物、被せ物がある場合には外して作り直します。

3、歯周外科治療

歯周病の進行が進んでいて、基本治療ではアプローチが難しかったり、改善しにくい箇所に対して、外科的に歯周ポケット内を清掃して歯周ポケットを浅くして、歯を清潔に磨きやすい環境に整える治療です。さらに歯の根っこの周りの骨が著しく減少している場合には自家骨もしくは人工骨を入れて骨を再生させる方法もあります。また歯茎が下がって部分に他の部位の歯茎を移植させるような手術もあります。

4、歯周内科治療、3DS

唾液の中の細菌などを調べ、投薬(ジスロマックなど)などで歯周病細菌を減らす方法です。また、専用のマウスピースを製作して、薬剤を入れたマウスピースを着用して殺菌する3DSという方法もあります。

5、メインテナンス

歯周病は再発しやすいのが特徴です。日々のブラッシングに加え、定期的な検診とクリーニングが重要です。一度歯周治療が終了したからといって、口腔内の細菌が全て死滅したわけではありませんし、歯茎や顎の骨が元に戻ったわけではありません。ブラッシングや歯科医院のクリーニングを怠ると、再発して歯周ポケットがまた深くなる事があります。3ヶ月から6ヶ月ごとの定期的な検診とクリーニングをお勧めします。

コンテンツ
診療案内

【診療時間】平日10:00〜19:00 土日9:00〜17:00

pagetop

自由が丘シーズ歯科・矯正歯科

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-10-10 シーズビル2F

03-6421-3324(予約専用)03-6421-3325(その他お問い合わせ)

無料相談予約・お問い合わせ

日・祝

【診療時間】 平日:10:00~19:00 土日:9:00~17:00
【休診日】 水曜日・第1第3木曜日・第2第4日曜日・祝日